思い切ってまかせてみることも大事。

昨日のブログに、たくさんの感想を
いただいております。
ありがとうございます!

いえね、私おちゃらけて見えますが
基本的には真面目なんですよ。
(と自分で言ってみる(笑))

頼まれたことは最後まできちんと
やり遂げないと嫌だし、
中途半端は大嫌い。
0か100か。

そんな性格ゆえ、
人に物を頼む
ということがとても苦手なんです。

頼むぐらいなら
自分でやっちゃったほうが早い。
自分の考えていることを
うまく人に伝えるのも苦手なので
少々しんどくても自分で
やっちゃうほうが早い。

そんな私にとって
日本ライフオーガナイザー協会の
四国チャプター代表のお役目というのは
ある意味拷問です(笑)

私がチャプター代表をやると決めた後、
日本ライフオーガナイザー協会の
高原代表理事とお話するチャンスがありました。

そこでご相談させていただいたのです。

「私、人に頼みごとをするのが本当に
苦手なんです。だからチャプター代表を
やっていくこともとっても不安です。」と。

「あかねちゃんが3年後も
同じ仕事をやっていたいなら、
そのまま自分でやればえーよ。
でもそうじゃないなら
思いきってまかせることは大事やで。」

ガツーーーーンときましたよ。
ご本人はこの会話を
覚えていらっしゃるかどうか
わかりませんが、
私はこの言葉がずーーーーっと
頭の中にあったのです。

3年後はもっとステップアップしていたい。
だったらもうやることは決まってきます。

思い切ってまかせてみる!

 

チャプター運営や
毎年5月に開催されている
チャリティイベントの準備、
今回のカンファレンスの準備もそう。

どれもひとりじゃ絶対にできないんですね。
誰かと一緒じゃないとできません。

頼むことに
心配な気持ちがないと言えば
ウソになるけれど、
その気持ちはひとまず横においときました。

頼むときは
・負担かけてないかな
・忙しいんじゃないだろうか
・ちゃんと伝わってるかな
・無理してないかな
などなどいろいろ気になります。

でもだんだんとお願いしたら
あとはおまかせできるようになってきました。

「慣れ」もあるんでしょうが
みんなでやることの楽しさや楽さを
感じられるようになってきたのも
あると思います。

これって家でも同じなんですよ。

「どうせ主人にお願いしても
やってくれないし。」
「お風呂掃除頼んでも
いまいち中途半端。」
「子どもだって片づけなさいと
言っても、全然できてない。」

だったら私がやったほうがマシ!

そう思ったことありませんか?

私はあります。何度も(笑)

「すみずみまで掃除してよ。
全然できてないやん。」
「それで片づけたって言えるん?」

そんな言葉を言ってしまってました。

でもね、これを言うとケンカしか
うまれない。
気まず――――い雰囲気しか残らない。

そう気づいたのはチャプター代表を
引き受けた時と同じ時期でした。

3年後も主人にお風呂掃除で
グチグチ言っていたいの?
NO!

3年後も子どもの片づけで
悩んでいたいの?
NO!

だったらまかせてみないとね!

頼み方をちょっと工夫するだけで
案外スムーズにいくものです。

今でも人に物を頼むことは
少し苦手だけれど
前よりだいぶんマシになりました。

頼む相手を信じてまかせてみることで
もっと自分ができることが増えます。

自分が思っている70%ぐらいの
仕上がりなら、文句言わない。
(70%って高いかな、、、)

自分じゃないとできないこと以外は
頼んで、空いた時間で自分が
やりたいことをやる!

そのほうが楽しいです。

これからの大掃除の季節。
まずは家族に思い切って
まかせてみることからはじめませんか?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA